法テラスの弁護士で債務整理をおすすめしない理由

弁護士と相談したいけど、金銭的に余裕がないという方は決して少なくありません。そして、そんな時にこそ法テラスの出番となるのが定石でした。
そもそも、法テラスの位置づけは、金銭的な理由によって、法律相談サービスを享受できないということがないように考えられた「社会的サービス」のような一面があります。とりわけ「債務整理」などで悩んでいる方は、金銭的に余裕がありませんので、やはり法テラスを第一に選ぶ傾向にあります。
しかし、法テラスでは無料または安価で相談したり依頼したりすることができる一方で、ケースによってはこれが裏目に出てしまうことがあるので、注意が必要です。

債務整理のメール無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

法テラスは「安かろう、悪かろう」?

金銭的な余裕がなくても法律相談を受けられるというと、利用者からすればとても魅力的に感じるかもしれません。しかし、法テラスを通じて業務を提供する弁護士などからすれば、法テラスからくる仕事は「稼げる案件」ではないということを忘れてはなりません。
あらゆるビジネスにおいて「報酬」というのは、品質を引き上げるインセンティブ(誘因)になります。ところが、法テラスでは非営利的な要素が極めて強いので、このインセンティブが著しく乏しいのです。
つまり、大した報酬にもならない仕事に対して、弁護士が全身全霊をかけて取り組むのか?ということになると、やはりそこには疑問が残るのです。無料または安いのが売りである法テラスですが、ここでもやはり「安かろう、悪かろう」の法則はあてはまるのです。

 

債務整理で法テラスを利用すると損することも?

借金を積み上げてしまって返済に苦しんでいる人の多くが、その債務整理のために法テラスを利用しています。しかし、先に説明したように法テラス経由で提供される「安かろう、悪かろう」の法律サービスと弁護士事務所が一般に提供する法律サービスとでは、結果に差が出ることも珍しくありません。当然のことながら、後者の方がより望ましい結果が出やすいものです。
突き詰めて言うと、債務整理の案件で法テラスを使うのは、決してお勧めできることではありません。なぜなら、債務整理は法的処理を誤れば、債務負担は一向に減ることなく、結局のところ担保が意図せず回収されてしまったり、取り立てのトラブルが解消されなかったりと、ろくな結果になりません。
法テラスで弁護士を紹介してもらうよりも、適正な価格を支払って、効果的な法的救済を受ける方が、特に債務整理においては得することもあるのです。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら