法テラスを利用する相談料、依頼料、支払い方について

法テラスではさまざまな法的トラブルを相談することができますが、その際の相談料、依頼料、そしてこれらの支払いについてはどうなっているのでしょうか。
まず、相談に関してですが初回30分の相談は無条件で無料となります。
つまり、初回の相談で最適な解決法などを知ることができ、その後相談する必要がなくなれば相談料は一切かからないということになります。

 

弁護士や司法書士に依頼する場合、通常よりも安くなるものの費用は発生します。

 

こうした報酬に関しての具体的な額は実際に裁判等をしてみないとわからない部分も多く、一定の額が決まっているわけではありません。
弁護士や司法書士と直接話をしてどのくらいの額が必要になりそうなのか、どのようにして支払うのかを確認しておくことが大切です。
法テラスから紹介してもらった場合ある程度の上限が設けられていますが、その範囲内でどのくらいの依頼料になるのかなどは法的トラブルの内容や、各弁護士・司法書士によっても変わってきます。
法テラスはあくまでも法的トラブルに関する相談窓口の紹介、弁護士・司法書士の紹介などを行っていますので、こうした費用に関しては利用者と弁護士・司法書士が話し合う必要も出てくるわけです。

離婚で家の売却価格を知りたい方はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

経済的余裕がなくても大丈夫

とはいえ、法的トラブルを抱えている人の中には経済的余裕がない方も少なくありません。
たとえば借金問題を抱えている人は依頼料などをすぐに支払うことが難しい場合もあります。
こうした方のために法テラスでは費用の立て替えなどの制度を用意しています。
弁護士や司法書士に依頼する際の費用を立て替えてもらうには一定の条件を満たしている必要があります。

 

1つ目の条件は収入などが一定額以下であることです。
具体的には申込者の月収が手取りで18万2千円以下であること、資産の合計が180万円以下であることなどがあります。
こうした条件を満たしていると資力基準を満たしていると判断されます。

 

2つ目は勝訴の見込みがないとはいえないこと、つまり勝訴する可能性があることです。
絶対に敗訴になるとわかっている場合には立て替えができないわけです。

 

3つ目は民事法律扶助の趣旨に適すること、これは少しわかりにくいのですが相手方に報復するために裁判を起こしたり、権利の濫用だと言える裁判などが立て替え制度を利用できない仕組みです。

 

こうした条件があるものの、これらを満たしていれば費用は立て替えてもらい、さらに分割返済するなども可能ですので困った時はまず法テラスに相談し、費用についても同時に相談してみましょう。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら