法テラスとは?正しく理解がされていない

「法テラス」という名前くらいは見聞きしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。詳しく知っているという方はそこまで多くはないものの、認知度、知名度というのはなかなかのものです。しかしながら、法テラスは正しく理解されていない傾向があります。

 

法テラスというと弁護士が集まっただけの団体というイメージがあるかもしれませんが、運営母体となっているのは国です。法テラスというのは通称で、正式名称は「日本司法支援センター」です。法テラスは、一般の方に向けに作られた法律相談の総合窓口なのです。運営母体が国ですから、国が認めている法律相談の総合窓口ということになります。運営母体が国であるというのは、大きな安心材料にもなるでしょう。実際に、最近では法テラスの利用者も増加傾向にあるといわれています。

離婚で家の売却価格を知りたい方はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

では、法テラスでは具体的にどのような業務をおこなっているのでしょうか。まず挙げられるのが、一般の方への法律に関する情報提供です。一般の方にとって法律というのは本当にわからないことだらけになります。だからこそ、法テラスでわかりやすく情報提供をおこなっているのです。また、もう少し踏み込んだ内容としては犯罪被害者支援や国選弁護人関連業務、民事法律扶助といったものもおこなっています。もちろん、それ以外にもいろいろな業務をおこなっています。ただ、さまざまな業務の中でも特に利用者が多いのは民事法律扶助です。民事法律扶助で法テラスを利用する可能性というのは、誰にでもあるでしょう。ちなみに、民事法律扶助では一般の方のために弁護士や司法書士を紹介するだけではなく、お金がなくて困っている方には無料相談などもおこなってくれます。無料相談後に依頼をするとなったら、当然お金がかかってくるのですが、そのときに発生する報酬費用を立て替えてくれるのです。つまり、お金がなくて困っているという方であっても法テラスを利用することによって、弁護士や司法書士への依頼が可能になるのです。ただ、立て替えてもらった費用に関しては、法テラスに対して月々分割で返済していくことになります。だいたい5,000円から10,000円ほどになることが多いようです。一度にまとまったお金を用意する必要がありませんので、一般的な弁護士や司法書士への依頼のイメージからはかなりハードルが下がるのではないでしょうか。もちろん、生活保護を受けている方が依頼者だった場合など特殊なケースの際には、全額免除となることもあります。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら