法テラス債務整理の弁護士費用や全体の流れ

法テラスで債務整理をする場合、弁護士費用についてはどれくらいかかるのでしょうか。まずは、弁護士費用について見ていきましょう。

 

任意整理の場合です。任意整理となると、債権者数1件につき着手金が32,400円、実費などが10,000円必要になります。債権者数が2件となった場合、着手金が48,600円、実費などが15,000円必要になります。1件からそのまま倍増というわけではありませんので、少し安心できるのではないでしょうか。ただ、債権者数が多くなればなるほど必要となってくる着手金と実費などは大きくなっていきます。債権者数が21件以上になってくると着手金が194,400円、実費などで35,000円必要になってきます。

 

次に民事再生、個人再生の場合について見ていきましょう。債権者数が10社の状態で弁護士に依頼すると、着手金で162,000円、実費で35,000円必要になります。この他にも裁判所へ納めなければいけない予納金というものが必要になってきます。予納金にはだいたい10,000円から15,000円ほどかかるといわれています。

債務整理のメール無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

続いて、破産、自己破産の場合について見てきましょう。債権者数が10社の状態で弁護士に依頼すると、着手金で129,600円、実費で23,000円必要になってきます。民事再生、個人再生のときと同じように、裁判所への予納金が必要になり、こちらの場合には10,000円から13,000円ほどになります。どのような形で債務整理するのか、どれだけの数の債権者数となっているのかによって金額は変わってきます。状況に応じて金額が変わってくるということを理解した上で、進めていきましょう。

 

債務整理における全体の流れですが、まずは法テラスに相談します。そこでまずは借金をすべて返すのか、それとも借金を減らしたいのかといった方向性を決めていくことになります。方向性が決まったら弁護士を紹介してもらうことになります。弁護士を紹介してもらったら、後は弁護士とのやり取りがメインになりますので、弁護士を信じて、その指示に従いましょう。お金に関する必要書類などは自分で集める必要がありますので、そういったものもできる限り事前に準備しておきましょう。あとは、弁護士の指示に従いながら、結果を待つだけです。少なくとも現状よりは良い結果が待っているはずですので、結果が出たら費用を支払っていくことになります。法テラスへの分割返済は月にだいたい5,000円から10,000円で、何年かかけて全額をおさめていきます。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら