法テラスを利用するのに審査などはあるのでしょうか?

法テラスを利用するにあたって、審査があるかどうかは場合によって変わってきます。
基本的には審査などはなく、誰でも気軽に利用できるのが法テラスの特徴でもあるのですが、法的トラブルの内容によっては弁護士や司法書士に依頼したりするケースも出てきます。
この場合弁護士や司法書士に対する報酬や依頼料などが発生するわけですがこうした費用を自分で支払えるという場合には審査はまったくないと考えてかまいません。

 

また、相談に関しても初回の30分間は無料で、3回を上限として相談が可能なのですがこの際に費用も支払えるのなら同様に審査はありません。
どういうことかというと、こうした費用を免除してもらう、もしくは立て替えてもらう場合に審査が必要になってくるわけです。
そのため人によって審査がある場合もあればない場合もあるのです。
審査の有無を分ける大きな基準は経済的な面で、費用を自分で支払えるかどうかがポイントになります。
いざという時に困らないようにするためにも、法テラスにおける審査についてはしっかりと把握しておきましょう。

離婚で家の売却価格を知りたい方はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

どのような審査があるのか?

では、費用の立て替えなどを希望する場合にはどのような審査を受けるのでしょう。
費用の立て替えてもらいたい、これはつまり経済的に余裕がないということです。
法テラスではこうした方でも安心して相談ができるように立て替え制度を設けているのですが、利用するためには一定の条件を満たしていなければなりません。
主な条件とは収入や資産が一定以下であることで、たとえば申込者の手取り月収が18万2千円以下であること、資産が180万円以下であることなどです。
申込者の人数でもこの数字は変わってくるのですが、法テラスが定める条件を満たしていると費用の立て替えが可能になります。
また、同時に相談に必要な費用も無料になりますので、法テラスを利用したいが経済的に苦しいという方はまずは法テラスにそのことを相談してみましょう。

 

こうした条件を満たしているかどうかは収入証明書類を提出することで確認してもらいます。
生活保護を受けている方も立て替え制度の対象となりますので、法テラスを利用する際に生活保護を受けていることを告げ、どのような手続きが必要になるかを確認しておきましょう。
審査というよりは確認作業といった形ですが、こうした書類の提出、確認が審査の流れになると言えます。
法テラスに相談するために審査があるというわけではありませんので安心です。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら