法テラス書式と必要書類

法テラスを利用するにあたっては、いろいろなものが必要になってきます。ここでは、法律相談をするときと弁護士への依頼をするときに分けてお話ししていきましょう。

 

まずは、法律相談をするときに必要となってくる書式についてです。法律相談の申し込みをする際には、援助申込書、資力申告書、債務一覧表、法律相談票、事件調書といったものが必要になってきます。法律相談票や事件調書に関しては弁護士が作成することにあります。このときに必要書類となってくるのは、世帯全員の住民票、所得証明書や源泉徴収票といった収入に関する資料、固定資産評価証明書や無資産証明書といった財産に関する資料、戸籍や登記といった相談する事件に応じた資料などになります。

 

法律相談の契約をするときにはまた違ってきます。法律相談の契約をするときの書式としては、委任契約書3通、重要事項説明書、口座引き落としの書類、委任状といったものが挙げられます。必要書類としては、通帳や本人確認書類が挙げられます。もちろん、口座の届け出印も必要になりますので注意しておきましょう。

離婚で家の売却価格を知りたい方はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

次に、弁護士への依頼をする際について見ていきましょう。弁護士への依頼をする際に必要となってくる書式は、委任契約書、委任状といったものが挙げられます。必要書類としては、本人確認書類が挙げられます。他にも印鑑や弁護士費用も必要になってきます。

 

書式と必要書類に関して不安に思っている方も多いかと思います。しかしながら、書式というのは確かに自分で記載していく部分もありますが、定型がありますのでそれを参考にしながら記載していけばいいだけの話です。弁護士のほうに任せる部分もありますし、何かわからないことがあっても誰かが確実に相談に乗ってくれます。そのための法テラスでもあります。必要書類に関しては、事前にある程度は予測がつく部分もあるかと思います。お金に関する相談であれば当然お金に関する書類が必要になってくるものです。もちろん、自分では予測できない部分もあるでしょうから、事前にどういった書類が必要になるのかを聞いておいて、必要な書類を早い段階でそろえることができるようにしておきたいものです。特に、初めて法テラスを利用するという方にとっては本当にわからないことだらけになるでしょうし、それゆえに焦ってしまう部分も出てくることでしょう。ですが、焦る前にできることを確実に進めていくことが大切なのです。

 

離婚財産分与
不動産の無料査定はこちら
借金問題
無料相談はこちら